営業時間・定休日
営業時間

10:00~19:00

 
定休日

火曜日

 
電話番号

082-274-5100

 
 
住所

〒733-0822

広島市西区庚午中1丁目19-10

スタッフブログ

   
2018/06/29  サービス 
危険がいっぱい
 
こんにちは!サービス部のよっちゃんです。





今回は、夏の灼熱車内に残すと危険なモノをご紹介いたします(;゚Д゚)





真夏のギラギラ太陽の下では、外気温によっては
ダッシュボード上の気温が80度近くまで上がることもあるのだそう!





こうした状況下で、ついつい車内に残しがちな小物の中には、大変危険なモノもありますので、ご注意ください。






①ガスライター
爆発→発火の危険性があります。
よっちゃんは昔、小爆発させた事があります。。。





②ペットボトルの飲み物、炭酸飲料水の缶
密閉されたこれらの飲み物の容器は、高温で内圧が高まり、変形・膨張し、やがて破裂する可能性があります。





③スマホ・電池
スマホに内蔵されているリチウムイオン電池も高温下で最悪の場合爆発してしまいます。
同様に、乾電池やボタン電池も液漏れ、発火、破裂の恐れがあります。





スプレー缶
ガラスクリーナーや消臭スプレーなどを車内に入れっぱなしにしておくと、破裂や爆発を起こす危険性が。。。





⑤化粧品などの瓶
車内で化粧直しをしたりした後に置き忘れたりしてしまうと、やはりこれらの容器も破裂してしまう恐れがあります。
破裂しなくても、容器が変形して漏れたり、色が付着してしまったり
車内に臭いが充満してしまったり。。。悲惨なことになります。。。





その他、ガラスに張り付けた透明な吸盤、芳香剤のボトル、飲み残しのペットボトルなどがレンズの働きをして日光を集め。。。
火災の原因となることも💦





また、エアコン停止後10分ほどで室内温度は10度も上がるそうなので、短時間だからといって油断は禁物ですよ。





余談ですが、高温になった車内の温度を素早く下げるには
助手席側の窓(できれば後部)を開けて
運転席のドアを4~5回開け閉めするのが有効とのこと。





あっという間に外気と同じくらいまでには下げられるので、よかったらお試しください( *´艸`)





それでもやっぱり毎回毎回そんなことやるの。。。





そんな方には!






『フロントサンシェード』
の出番です!





ぜひ夏本番までにご準備くださいませ✨






ジープ広島西
サービス部直通 (082)272-0020
 
2018年06月(12件)
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ページ上部に戻る